筋肉サプリは魔法のサプリ?

筋力・筋肉アップに良い成分

ここでは筋力や筋肉量のアップに良い成分について、お話していきたいと思います。筋力や筋肉アップに良いとされている成分で代表的なものには、分岐鎖アミノ酸(BCAA)とグルタミンがあり、どちらかだけではなく、両方を一緒に摂取すると良いと言われています。一般的に筋肉を増やすためには、タンパク質を摂ることが大切だと言われていますので、所謂プロテインを摂取している人が多いですが、これはプロテインは筋肉を作って溜める材料や土台となるからであって、即筋力や筋肉のアップに結びつくわけではありません。但しプロテインを摂るだけでは不十分なので、実質的な効果をあげるためには、他の成分も摂る必要があるのです。

 

BCAAとは体内で作られないため、食事で摂る必要のある必須アミノ酸の内のバリン・ロイシン・イソロイシンの3種のことで、Branched Chain Amino Acidsの略称となっています。中でも特にロイシンがタンパク質の合成を促進させ、筋肉量をアップさせる効果が高いと言われています。筋肉を増やすためには筋肉を鍛える筋トレ、筋肉に抵抗をかけるレジスタンス運動と共に、タンパク質の合成を促進して、タンパク質の分解を防ぐための栄養補給も大切なのですが、毎日の食事だけでは追いつかない分をサプリで補給する必要があり、特にロイシンが体内で代謝された時の産物である、HMBを配合したサプリを摂取すると良いと言われています。HMB配合のサプリはプロテインよりも吸収がよく、3〜6粒で約20杯分のプロテインに相当する成分が摂取できるそうです。

 

お勧めのサプリとしては、HMB・グルタミン・BCAA配合のビルドマッスルHMB、HMB・クレアチン・大豆ペプチド・ビタミン・胚芽・葉酸・ブラックジンジャー等を配合したマッスルエレメンツHMB、HMB・クレアチン・プロフェノール・EMR等の成分を配合したパーフェクトビルドEAA、BCAA・植物由来の発酵エキス・亜鉛等のミネラル・クレアチン等の成分を配合した、健康志向の強いディープチェンジクレアチン等のサプリがお勧めです。特にHMB配合のサプリとレジスタンス運動とを組み合わせた時の筋力アップが、特に高いという調査結果もありますので、出来ればHMB配合のサプリの摂取が、その意味でもベストな選択だと言えるでしょう。

筋トレ後の疲労回復に必要な栄養と成分〜サプリメントの活用

ここでは筋トレ後の疲労回復に必要な栄養素と成分、そしてそのためにどうサプリメントを活用すれば良いか等について、お話していきたいと思います。まず激しいスポーツや筋トレ後の疲労はそのままにしておきますと、加齢に伴って慢性疲労になってしまいますので、決して放置しないことが肝心です。筋トレ後に代謝される疲労物質は乳酸・水素イオン・リン酸・アンモニアとなっていますが、これらの疲労物質を上手く放出する必要があります。

 

疲労回復のためには五大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)を含む、栄養バランスのとれた食事をとる必要があります。具体的には御飯・パン・麺等の主食と肉・魚・卵等の動物性タンパク質を含むメインディッシュや、野菜メインのおかずに果物屋乳製品のデザートをプラスすれば、理想的な食事内容になります。早めの疲労回復には運動直後の栄養補給が大切となり、それによって運動により筋肉に溜められていたグリコーゲンが消費されますので、筋トレ後になるべく早めに効率的に、炭水化物等のタンパク質を補給することが、速やかに疲労回復のカギとなります。具体的には筋トレ後30分以内に体重1kgあたり0.7gを摂取するのがよく、体重60kgならば42g位摂取するのが理想だと言われています。メニューとしては、鮭やツナ入りのおにぎり、ハムやチーズ入りのサンドイッチ、バナナ・エネルギーゼリー・果汁100%ジュース等で補給すると良いと思います。

 

そしてそのように食事をしても摂りきれない栄養素や成分に関しては、筋トレ向けのサプリを活用することが大切で、筋トレ後の筋肉疲労の軽減には、タンパク質を主成分とした、プロテインと呼ばれるサプリがお勧めです。タンパク質は摂取から吸収までに時間がかかりますので、筋トレ前に摂取をしても、効率的に筋肉にエネルギーを届けることが出来ません。そのためプロテインは短時間で消化吸収出来るように調整されていますので、筋トレの1,2時間前に飲めば、エネルギーが確保されて疲れにくくなるはずです。また筋トレ直後の30分以内に飲みますと、筋肉疲労の解消と共に成長ホルモンの大量分泌も行われますから、筋肉の元となるプロテインの摂取によって、健康の維持には欠かせない筋肉作りを、より効率的に行うことが出来ます。

筋トレサプリを飲むタイミング

筋トレをする際には単にトレーニングをするだけでなく、どんなタイミングで筋トレ向きのサプリを飲むかということも大切です。そこでここでは筋トレサプリを飲むタイミングについて、お話していきたいと思います。HMB配合のサプリを想定してお話していきます。

 

筋トレサプリを飲むタイミングを把握するためには、筋肥大が起こるメカニズムを考え筋肉を太くするため、筋肉に負荷をかける必要がありますが、その負荷の強さは筋肥大させるためには、80%IRMがベストであると言われています。ベンチプレスで1回だけ持ち上げられるギリギリの重量が100%だとすれば、その8割の重量で動作を繰り返すのが良いということです。筋肉は分解と合成を繰り返しつつ太くなっていくものですが、筋肉の分解の方が多ければ減っていくことになります。筋肉は筋トレをしている最中は分解される方が優勢となりますが、筋捕れのあとは合成される方が優勢となります。

 

筋トレ中と筋トレ後の筋肉のタンパク質代謝について調べたデータは色々ありますが、筋肉が分解されて流れたアミノ酸よりも、筋トレ後にタンパク質を摂った方が、アミノ酸が筋肉に取り込まれる量は、分解された量を超えるという結果が多く出ているそうです。そのような相乗効果によって、筋肉が太くなっていくのだそうです。こうしたタイミングで筋トレ中の筋肉の分解が抑えられれば、より筋肥大につなげることが出来るとのことです。この筋肉の分解を抑えてくれるのがHMBですので、HMBサプリに関しては筋トレをする前に飲むのが、ベストタイミングなのだそうです。HMBサプリを配合されたサプリを筋トレ前に飲むことで筋肉の分解を抑えておき、筋トレの後にプロテインや食事等でタンパク質を補給すれば、最も効率的に筋肉を育てることが出来ると言われています。

 

ちなみにHMBは1日あたりHMBカルシウム塩3g摂れば、タンパク質の異化(分解)抑制や、筋肉量の増加・筋肉の減少の抑制・筋肉の修復・耐久性の増加・体脂肪の減少等に効果があります。筋トレサプリは色々な成分の組み合わせで販売されていますが、このように多種多様な効果をあげられるHMBを含む筋トレ向けのサプリを選べば、それだけでより効率的な筋とれの効果があげ方が出来ると思います。

おすすめの筋肉サプリ

筋トレダイエットをこれから始める人向け

パーフェクトビルドEAA

  • アミノ酸とHMBがバランスよく配合
  • ロイシン強化型EAA3,000mg
  • 吸収力を高めるEMRも配合

 

筋トレを効果的にしたい人向け

ビルドマッスルHMB

  • たった4粒でプロテイン20杯分
  • BCAAやグルタミン、トンカットアリ・フェヌグリーク・シュニリンPL・バイオペリンなど配合

 

 

徹底的なトレーニングをしたい人向け

クレアチンアルティメイトスーパーボディメイク DCC ディープチェンジクレアチン

  • 1日当たり5000mgのクレアチンの摂取が可能
  • BCAA、アルギニン、グルタミンといったアミノ酸を配合
  • ブラックジンジャー抽出物・フェヌグリーク・バイオペリンなども配合
  • 3大筋肉歓喜成分配合【クレアチン・HMB・BCAA】トリプル配合
  • 運動時・運動後にカラダ求める(喜ぶ)栄養素をオールインワンで配合

 

話題の筋トレサプリ

GACKTさん愛用のメタルマッスル

  • GACKTさんが愛用中
  • 業界トップクラスのHMB1600mg
  • 13種類ものパワー成分配合
  • 特許配合!黒生姜エキス末×ニタミンE
  • GMP認定工場で医薬品レベルの品質管理

GACKTさん愛用のメタルマッスルサプリメントってどうなの?

最近話題の筋トレサプリですが、特に美しい細マッチョを目指したい方におすすめなのがGACKTさん愛用のメタルマッスルサプリメントです。

 

 

豊富な筋トレアップ有効成分(HMBなど)

HMBは、必須アミノ酸のひとつで、筋肉の合成を促進し分解を防ぐ成分です。そしてこのHMBを最も多く含んでいると言われるのがメタルマッスルサプリメントです。他社の製品では、1,200〜1,500mgのものがほとんどなのですが、メタルマッスルサプリメントは、1,600mgも含まれています。さらに、3大筋アップサポート成分も配合されています。一つ目はBACCです。BACCは脂肪を燃焼して筋肉を肥大するのに有効な成分でバリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。これらには筋肉の状態を保つ働きもあります。そして筋肉を回復させるのに有効なグルタミンは、体内に最もたくさん含まれるアミノ酸なので、これがないと筋肉が細くなり分解が進んでしまいます。そして筋肉強化に有効なのがクレアチンです。クレアチンは、筋トレには欠かせない活動のパワーの源となります。エネルギーが不足すると活動量が増えませんので、こちらも欠かせません。このような3つの有効成分が同時に配合されているのがメタルマッスルサプリメントのよいところです。

 

 

独自の配合成分とその他のサポート成分

そしてマッスルサプリメントには、以上のような有効成分以外にもユニークな成分がいくつも配合されています。メタルマッスルサプリメントオリジナルの成分としては、独自の特許成分である黒生姜エキス、黒コショウエキス、ビタミンE、さらにサポート成分としては、フェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トリカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、CoQ10などが贅沢に含まれているので、筋力強化はもちろん、健康維持にも有意な成分も配合されています。そのためメタルマッスルサプリメントなら健康的に筋トレが実現できます。

 

お得な価格で便利に利用できる

そしてもうひとつのメリットとしてはとてもお得な価格だということです。なんと初回限定で通常価格8,640円(税別)のところ500円(税別)で購入することができます。これならまずは筋トレサプリが初めての方でも気軽にはじめられるのではないでしょうか。

 

メタルマッスル公式サイト

筋トレは週に何回するのが効果的?

筋トレダイエットをするにあたって、効率よく筋肉増量と強化をはかるには、どれくらいの頻度で行えばよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。 ここでは、筋トレの理想的な頻度についてご説明します。

 

毎日の筋トレは逆効果です

少しでも筋肉を鍛えるために激しいトレーニングを毎日やればよいのではないかと誤解されている方もいるかもしれません。しかし、それは大きな誤解です。激しいトレーニングは、筋肉にダメージを与える行為です。そのため、一度傷ついた筋肉を回復するのには、ある程度の時間が必要です。筋肉が回復するのには、2〜3日(48〜72時間)必要だと言われています。このような筋肉を壊して、作り直すサイクルは超回復と呼ばれています。その期間に、筋肉はまえより強化され、筋肥大を起こします。反対に、筋肉が十分に回復していない除隊で、筋トレでダメージを与えると、ケガや筋肉損傷の原因となります。そのため、毎日激しい筋トレを続けることは、筋肉を鍛えるどころ、かかえって悪い影響を及ぼしかねません。

 

週に2〜3回が理想です

理想的な筋トレの頻度は、2〜3日おき、週に2〜3回がベストです。一度の筋トレで疲労した筋肉を回復させるのには2〜3日は必要です。回復したのを待ち、次のトレーニングを行っていけば、効率的に筋肉肥大を起こすことができます。
では、週に1回程度ならどうかと思われるかもしれません。しかし、少なすぎると効果が上がりにくくなります。週1回の筋トレだと、せっかく1回のトレーニングで筋肉がアップしても、筋肥大とならないことが多いです。週1回のきついトレーニングと有酸素運動を組み合わせるなどの方法を取られる方もなかにはあるのですが、健康的な筋肉の維持や骨密度の増加などには有効な方法ですが、筋力アップには少し物足りない運動量です。

 

強度にも注意が必要

筋トレは、頻度も大切ですが、強度にも気をつける必要があります。過酷すぎるトレーニングはかえって筋肉にダメージを与えますが、軽すぎるトレーニングは筋肉に負荷がかかりません。目安としては心地よいと感じるレベルよりは、少しきついと感じる強度である必要があります。次の日に少し筋肉痛を感じるかもしれませんが、次のトレーニング時には回復していることも大切です。ややきつめのトレーニングを週2〜3回続けていくことで、ジ徐々に筋肥大が起こり筋肉は成長していきます。

筋肉がつきやすいタイプと付きにくいタイプ

同じように筋トレをしていても、筋肉がつきやすい人とつきにくい人がいます。いくら筋トレをやっても効果があがらないのはやり方が悪いからではないかと思っている人がいるかもしれません。しかし、それはもしかすると筋肉がつきにくいタイプであることが原因なのかもしれません。 そこで、筋肉がつきやすいタイプの人とつきにくいタイプの人についてご説明します。

 

筋肉がつきにくいのは遺伝のせい?

一生懸命筋トレをしているのにまったく筋肉がつかない、あるいは同じ量の筋トレをしても自分は他の人ほど効果が上がらないという人は、実はその理由は、遺伝子の問題かもしれません。つまり、残念ならが遺伝子的に、生まれながらの体質で筋肉がつきやすいタイプの人とつきにくいタイプの人がいます。人の遺伝子の数やDNAは、生まれながら決まっています。そのため、筋肉も同じで、すでにある細胞の数や変えたり、遺伝子を変更することはできません。ダイエットでも同様なのですが、同じ運動をしても痩せられる人と痩せられない人、あるいは限界に違いがあるのは、このような生まれつきの遺伝子やDNAの違いがあるためです。これが筋トレの効果に個人差をもたらします。

 

体質による筋肉のタイプの違い

もともと体の筋肉タイプの違いが影響することもあります。筋肉には、2つの種類があります。遅筋繊維と速筋繊維のバランスによって、筋肉のつきやすさが違ってきます。筋肉のつくということは筋が肥大することです。そのため、筋肉が肥大する速筋繊維が多い人は、筋トレの効果が出やすいです。速筋繊維が多い体質の人はそれ以外の体質の人に比べて筋肉がつきやすい体質であるといえます。このような、筋肉のバランスや体質の違いも一つの要因です。

 

年齢も関係ある?

筋肉に成長に直接関係している成分因子です。筋肉の発達に大切なのは、ミオスタチンやIGF−1です。筋肉の発達を抑制するミオスタチンとたんぱく質を合成するIGF−1が影響を及ぼす成長因子です。これらなはもともとの遺伝の要因により決定づけられますが、その他の成長ホルモンは年齢により減少していくものです。10代、20代のうちはたくさん分泌される成長ホルモンですが、加齢とともに減少していきます。体を活動的に動かし、筋肉を発達させるには成長ホルモンが重要な役割をもちます。そのため、成長ホルモンが減少した中年以降の人は、筋肉がつきにくいタイプであるといえるでしょう。

 

筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|筋肉 筋トレ サプリ|

更新履歴